炭水化物抜きダイエットはどんなダイエット法?

この記事は1分で読めます

炭水化物(不足すると疲れやすくなり、肌荒れなどが起こるでしょう)抜きダイエットは、ご飯などの炭水化物(摂り過ぎると糖尿病に繋がるといわれています)の摂取を行わないダイエット方法です。

炭水化物(炭水化物を摂らないダイエットは、健康を害したり、リバウンドする原因になります)は体を動かすために必要であるカロリーなのですが、それを摂取しないことで体の中の脂質(グリセロ脂質やスフィンゴ脂質などがあります)をカロリーとして使い、減量を促すという仕組みになっているのです。

人が体を動かすのに必要なカロリーのおよそ6割は、食事の時に摂取する炭水化物(摂り過ぎると糖尿病に繋がるといわれています)で賄われているだと思います。

その6割のエネルギーを完全にカットするわけですから、体はエネルギー不足に陥ってしまうでしょう。

足りないカロリーを体に蓄えた脂肪(どんな食べ物、油から摂るかによっても、体への影響が畭なります)などを燃やして作り出すため、必然的に体の中の脂肪はどんどん減少していくとされているのです。

脂肪(暴飲暴食をしていると、あっという間に蓄積してしまいます)の減少=体重(ダイエットというと、つい体重の増減ねかりを気にしてしまいますが、そういうダイエットはリバウンドの元でしょう)の減少ですので、はじめて炭水化物(摂り過ぎると糖尿病に繋がるといわれています)抜きダイエットを行った場合にはみるみる体重(健康のためにいい健康体重、見た目にこだわる人が目標とすることが多い美容体重など、人によって理想の体重は畭なるものです)が減少する人も多いはずです。

当然、体を維持させるためのたんぱく質(学術用語として表記する場合には、「タンパク質」になります)などの摂取は必須ですし、体を支えるための筋肉までへらしてしまうのは良くありませんので、脂肪(悪者扱いされがちですが、体にとってはなくてはならないものです)も筋肉も減らしてしまったりする断食とは全く畭なったダイエットだと考える方が良いかもしれませんー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。