逆流性食道炎は口臭の原因になるの?

逆流性食道炎は口臭の原因になるの?

逆流性食道炎が口のにおいの原因(これがあって結果があるというのが自然の摂理といえるでしょう)になるといわれていますが、
本当のことなのでしょうか?

 

結論からいうと本当です。

 

逆流性食道炎になった場合、口のにおいを引き起こす場合もあるみたいです。

 

これは胃酸が逆流することによって、酸っぱい液体も一緒に口まで上がってくるからです。

 

その酸っぱい液体が息と同時に出てしまうから、口のにおいが酷くなるというわけですね。

 

その為に、ちゃんと歯を磨いていたり、刺激臭の強い食べ物(飽食の時代なんていわれて久しいですが、実は昔の食事の方が栄養的には豊かだったのかもしれません)を口にしていないのにも関わらず、口の臭いが強い場合は逆流性食道炎を疑った方がいいでしょう。

 

逆流性食道炎に効果的なツボとは

 

逆流性食道炎の場合、先ほどもお話しした酸っぱいリキットが上がってくる呑酸等の症状が代表的ですから、この症状が出た場合は可能性が高い場合には思ってください。

 

もし、逆流性食道炎で口の臭いを発生させていらっしゃいますからあれば、逆流性食道炎を改善してない限り、臭いを軽くさせるのはむずかしいでしょう。

 

口のにおいをとりあえずは治したいと思うかもしれませんが、あせらず取り合えず逆流性食道炎から改善するようにしましょう。

 

それが口のにおい解消にもつながります